FC2ブログ
ちらいおつ遊び塾ブログ
月形町の廃校になった旧知来乙小学校を利用し、「ちらいおつ遊び塾」として再スタート。のんびりしたかったら、笑いたかったら、ここにおいで。遊び塾でのイベント、出会い、体験は、こんなに奇抜で面白い!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(申し訳ありません。写真を削除してしまいました。facebookの「わくわくの杜」には掲載していますのでご覧になって下さい)


 今日は節分…良い子にしているから、鬼は来ないはず…ドンドンドンド~ン!…?…太鼓の音が鳴り響くと、あたりはシ~ン。後ろを振り返ると、赤鬼と青鬼が追いかけてくる…「たすけて~!」と泣き叫ぶ声、「泣き虫はいないか~まて~!」、「にげろ~!」…いつもは平気な顔をしているAくんも、この時ばかりは大粒の涙がポロリ…「いいこにするから…」とポツリ。何と帰りの仕度の早い事~、今日の鬼効果はバッチリでした!


 持ち帰った鬼のお面と、豆の入った枡は、お家に帰ってもう一回活躍してくれる事でしょうね。その時はしっかりと強くなっているはず…日本の伝統行事って、子ども達に様々なことを伝えて行く良い行事ですね。


 追伸… アメリカでは豆まきしないの?アメリカ人のお父さんを持つМちゃんとSちゃんの二人は、楽しかったぁ~と目を輝かせていましたよ。


 昼からの自由遊びは、ちょっと寒かったのですが、グランドに作ってくれた滑り台で、米ゾリを使って、大賑わい~!リュージュ競技を思わせるほどの滑りで、大興奮の皆でした。


 わくわくの杜
 こやぎ組
 今日は気温が低く、風が冷たい一日でしたね。今日は2月3日という事で、「わくわくの杜」でも節分祭をしました。朝から鬼を怖がっている子どもがいたり、豆を投げて鬼を退治すると気合の入っている子どももいました。
 こひつじ組さんのお部屋で、節分の由来についての絵本を読んでから、各クラスで作った作品を紹介しました。こやぎ組さんからはSくんが代表して作品を紹介しました。Sくんは「かわいいおにをつくりました!」とみんなの前で上手に発表してくれました。ホールに移動し、ゲームを2つ行いました。一つ目は、赤チームと青チームに分かれて風船を相手の陣地にたくさん入れた方が勝ちというゲームをしました。子ども達はスタートの合図で風船を投げていたのですが、なかなか上手くいきませんでした。勝負の結果は、赤チームも青チームも同じ数で引き分けでした。二つ目のゲームは、玉入れをしました。鬼のついた箱に球を入れたのですが、箱を担いだ先生方が動いていたので、なかなか入らず根球を持って先生を追いかける姿が可愛かったです。玉が箱に入った時にはとても嬉しそうでしたよ。ゲームが終わった後に鬼の看板に向って豆を投げていると、鬼が!出てきて、子ども達は慌てて先生達の後ろに隠れたり、走って逃げている子どももいました。鬼に捕まった子どもも何人かいて、「こわい~!」、「はなして!」等と大泣きしていました。豆を投げているうちに鬼は逃げて行き、子ども達にも笑顔が戻っていましたよ。お家での節分でも、子ども達が作った枡を使って鬼を退治してほしいと思います。
   今日の絵本・・・「せつぶんだ まめまきだ」


 こひつじ組
 今日は子ども達がドキドキワクワク、待ちに待った!?節分祭が開かれました。先日作った枡に紐を通し、豆を入れて準備はバッチリ!
 こひつじ組の部屋で節分の絵本を見て、「なぜ豆を投げるか」等の由来の話を聞いてから、各クラスの手作り「枡」の紹介をしました。その後はホールへ行き、皆でゲームをして楽しみました。風船を使ったゲームでは、赤、青の2つのチームに分かれ勝負し盛り上がりました。壁に貼ってある鬼の絵に豆を元気にぶっつけていると、ホールに響く太鼓の音…!?どこからともなく現われた赤鬼と青鬼!に子ども達はビックリ!逃げてしまう子ども達や勇敢に豆をぶっつけに行く子ども達と様々な姿が見られました。みんなで力を合わせた事で二匹の鬼も「まいったぁ~!」と逃げだし、無事に鬼をやっつける事が出来ました。これからの子ども達の健やかな成長も祈りながら、節分祭を終えました。
   今日の絵本・・・「オニじゃないよ おにぎりだよ」、「おなかのなかにおにがいる」


 こぐま組
 寒い一日でしたね。「節分」ということで寒さも少しずつ和らぐといいですね。今日は先日から皆で作った枡に落花生を入れて豆まきをしました。絵本を見て、節分の由来や大豆やイワシ、柊が使われる意味などを知った皆です。「おかあさんにおしえてあげる!」と言っていたKちゃんです。風船や玉を使ったゲームをした後は、いよいよ豆まきの始まりです。「おにはそ~と!」と言いながらパネルの鬼に向って豆をぶっつけていると、太鼓の音が聞こえて来て、赤鬼と青鬼が表れ、ぼんやりしている子ども、驚いてレンガの家に逃れる子ども、ホールの隅に逃げる子ども、怖がらずに豆を投げつけている子ども等々、楽しんでいたり、真剣な表情等、様々な子ども達の姿がありました。「おにはなんじにかえるの~?」と泣きながら言っている子どももいましたよ。豆まきをして根みんなのお腹の中にいた鬼もきっと逃げた事でしょうね。枡をお家に持ち帰ります。ご家庭でも楽しい豆まきとなるといいですね。
   今日の絵本・・・「おなかのなかにおにがいる」
   語り聞かせ・・・「節分の鬼」
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiraiotu

Author:tiraiotu
「ちらいおつ遊び塾」夢追い人
「ちらいおつ遊び塾」で様々な人達との出会いから、子ども達を幸せにするという夢を一緒に作って行きましょう!

わくわくの杜  カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。